子供もお気にりの逸品!
子供たちの健やかな成長を応援するサイトです。

1歳9ヶ月、娘の成長☆言葉☆

こんにちは、かえでんのママです。

4月末、娘が1歳8ヶ月になる日にアパートから一軒家に引っ越した我が家。

この約2ヶ月は…

ドタバタでした。

今まで毎日のように遊んでいたお友だちと会えなくなって、環境も変わって、

1番大変だったのは、娘だと思います。

そんな中、1歳9ヶ月になった娘の成長を日々感じています。

まず、言葉が二言、繋がるようになりました。

「ねんね、する?」

「チャッチャ、飲む?」

「あっち、いこっか」

行こうというの意外はなぜか語尾に「?」がつく感じの喋り方をするのですが、

「ねんね、する?」

と娘が言えば、眠いから寝ようの合図。

「チャッチャ、飲む?」

は、お茶飲みたい。

ここに、この1週間で

「あいしゅ、する?」(アイス食べたい)

「じゅーしゅ、飲む?」(ジュース飲みたい)

などなど…食べたいもの、飲みたいものをハッキリと伝えてくるようになりました。

そして、期待に添えないときは

とっても悲しそうに涙を流すか、

下を向いてぷくっとほっぺを膨らまし、違う!とアピールして来ます。

動物や虫、乗り物の名前も覚え始めて、1歳7ヶ月まで全部

「わんわん」

だったのが、

・わんわん
・にゃんにゃん
・ちょうちょ
・ぞうさん
・カメ
・でんしゃ
・バス
・おうち
・キラキラ(星)
・花
・ミミーちゃん(ミニーちゃん)
・赤ちゃん

などなど…指差して、自分が見つけたもの、今触りたいものを、

ふわっとした柔らかい声で教えてくれるので、娘が喋るたび癒されます。

パパも会話が出来るようになって来た娘にますますメロメロで、新居は職場までがかなり遠くなったはず…なのですが、

娘と遊んだり、お風呂に入るのを楽しみに早く帰ってくるようになりました。

1歳9ヶ月になったと同時に、言葉がものすごい進化を遂げた!というのが、またひとつ、すてきな宝物になりました。

新居に引っ越して、最初の1ヶ月は

「ママ、ママ」

になってしまっていて、夜パパが抱くと号泣だった娘。

『言葉』

で、意思表示を出来るようになって来たことがひとつのきっかけになって、娘自身も少し落ち着いてきたように思います。

私の口癖や口調を真似ていて、びっくりすることもありますが…

ますますお姉さんになっていく娘の成長が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA